ニュースリリース

2016年6月13日(月)株式会社remyの「remy pan +(レミパンプラス)」がHCDベストプラクティスアウォードを受賞しました

U'eyes Designでは、2016年3月15日に株式会社remyより発売されました「remy pan +(レミパンプラス)」において、調理行動の利用状況の観察、ユーザー要求の整理およびデザイン要件の抽出、プロトタイプ検証の一連の開発プロセスに協力を致しました。

「remy pan +(レミパンプラス)」は、開発の構想段階から人間中心設計のプロセスを取り入れ、キッチンツールを固定するマグネット内蔵ハンドルの機能などが搭載されたフライパンです。調理中のキッチンツールの一時置きに悩まされていたユーザーも、今までより快適に調理をすることができます。

本取組みは、昨年、日本人間工学会主催の「人間工学会関東支部第44回大会」「人間工学会第56回大会」にて、2015年人間工学グッドプラクティス賞の優秀賞を受賞したことに続き、このたび人間中心設計推進機構(HCD-Net)主催の「HCD-Netフォーラム2016」にて、HCDベストプラクティスアウォードを受賞しました。

「remy pan +(レミパンプラス)」に関しましては、下記リンクよりご覧いただくことができます。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ先

株式会社U'eyes Design

フォームから問い合わせる